シンガポール地下鉄(MRT)の乗り方

MRT

・MRTの概要
シンガポールの地下鉄、MRTは1987年に開通した地下鉄で、MRTはMass Rapid Transit(マス ラピッド トランジット)の略です。
現在以下の5路線が開業しています。
north-south line(南北線)
east-west line(東西線)
north-east line(北東線)
circle line(環状線)
downtown line(ダウンタウン線)

・チケットの種類と買い方
MRTのチケットは以下3種類あります。
スタンダードチケット
イージーリンクカード
シンガポールツーリストパス
観光などの短期訪問の場合は、スタンダードチケットが適しています。
ただしMRTやバスを高頻度で乗る場合は、乗り放題のシンガポールツーリストパスが良いと思います。
MRT

スタンダードチケット
初回購入時に10¢のデポジットを支払ってチケットを購入します。
紙のチケットですが、チャージ可能で利用回数によって特典があります。
3回使うとデポジットの10¢が返却されます。
6回使うと10¢の割引があります。

MRT

MRTの券売機
1、言語選択でEnglish(英語)を選択。
2、初期画面に2つ表示されているので、左側のBuy Standard Ticketを選択します。
地図から駅名を選択と駅名一覧から選択の2種類があります。

MRT

地図から選択する場合はこちらの路線図から選びます。
拡大画像はこちら

3、駅名を選んでSingle Trip(片道)かReturn Trip(往復)を選択。
4、紙幣またはコインを画面上にある投入口に入れるとチケットが購入できます。

チケットはとても簡単に購入できますが、ここで注意しておきたいのはチケットが6SGD以下の場合、10SGD札は使えません。
空港から市内へ行く場合は小銭がないことが多いと思うので、その場合は駅員がいる窓口で両替してもらいましょう。

2回目からは、画面上にある黄緑の出っ張りにチケットを置いて、初期画面で右側のPlace Card or Standard Ticket on Readerを選択すればOKです。

・MRTの乗り方
MRT

電車の乗り降りは、電車が到着すると扉がオープンするので電車が到着するまでは地面の表示通り扉の両サイドで待ちます。

車内では以下の行為は禁止されています。
可燃性の液体、気体の持込 5,000SGDの罰金
喫煙 1,000SGDの罰金
飲食 500SGDの罰金(駅プラットホームも対象)
また罰金対象ではありませんが、ドリアンを持ち込む行為も禁止されています。

日本と違って携帯電話の通話は禁止対象にはなっていないです。